FLATWHITE COFFEE FACTORY  | 東北発!スペシャルティコーヒー販売のインディーズロースター
HOMEABOUT FLAT WHITEONLINE SHOPBLOG
FLATWHITE COFFEE FACTORY From New Zealand

ブランド


おすすめ商品


人気の商品

ABOUT FLAT WHITE


カートの中身


Blog

現在新規HPを作成中〜 もう暫くは手作り感のあるこのHPで更新継続して行きます。乞うご期待!!


お問い合わせ


商品検索




メルマガ


商品情報配信

商品詳細
マンデリン リントン地区トバコ
シティーロースト
オランダが、同地にアラビカ種のコーヒーを持ち込んだのが、17世紀末、インド経由でティピカ種がもたらされました。主にジャワ島、スマトラ島でプランテーション栽培され、オランダに大きな富をもたらしましたが、20世紀初頭の「さび病」の大流行で、アラビカ種の栽培が出来なくなり、ほとんどがロブスタ種へと移行しました。 このとき、僅かにアラビカ種のコーヒーが生き残っていたのが、トバ湖南岸のLINTONG(リントン)から、更に南のMANDAILING(マンデリンと発音します)地区でした。栽培していたのは、同地に住むBATAK(バタック)人の一族のMANDAILING族と言われております。シアトル系がマンデリンを本格的に使い出した1990年代以降、このTOBA湖の周りの標高950mから1,200mのエリアで、アラビカ種コーヒーの増産が進み、「マンデリン」、あるいは「SUMATRA(スマトラ)」として、広く輸出されています。生産量も50-60万袋/年と言われています。ただし、品種は、残念ながら時代の流れで、カティモール種がほとんどのため、独特の香りとBODY、苦味が失われています。
そういった中、MANDHELING 「TOBAKO」は、古くからの産地で、今なおティピカ系の樹が残っており、標高も1,200m以上の、トバ湖南岸のLINTONG(リントン)地区の豆にこだわって買い付け、精選しました。サイズも7mm upに揃え、「昔ながらのマンデリン」の香りと苦味・コク、そして重厚なアフターテイストを守った逸品です。
農園:リントン地区
エリア:北スマトラ島
標高:1,200〜1,400m
品種:ティピカ
生産処理:セミウォッシュド(スマトラ式)
<カッピングコメント>カカオ、シナモン、ブルーベリー、スウィートコーン
ロースト 4 アシディティ 2 スウィートネス 3 ボディ 6
バランス 4 アフターティスト 5
均一な豆が品質の高さを証明しています。

エアーパックで香りを逃さず鮮度を保ちます。







販売価格 750円(税込)
在庫数
数量
お届け
購入数
   
■オプションの値段詳細はこちら