Flatwhite Coffee Factory フラットホワイト・コーヒー・ファクトリー

Flatwhite Coffee Factory フラットホワイト・コーヒー・ファクトリー

フェアトレード(FairTrade)

現在"格差社会“とよく言われていますが、ビジネスの世界では起業が利益を重視する反面、搾取や不均衡という側面を持って経済が今日まで発展して来たことは否めません。フェアートレードとはその不均衡を少しでも解消しようという"活動“なのです。

NGO,NPOが途上国の生産者団体と直接取引を行い、生産者が不当な社会的搾取を受けることを防ぐと同時に商品を適正な価格で買い取る為、生産者も適正な収入を得る事が出来る取引なのです。

これに参加することにより皆さんは間接的ではありますが、海外の生産者の生活や健康、人権を助けると共に生産者の心のこもった製品を購入できる。

この"活動“は単にチャリティーという形ではなく、優れた商品としての魅力を持って、実際に味わって感じて頂ける、最善の"活動“だといえます。
 

JAS認定

「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」に基づく有機食品の認証制度。有機農産物や有機加工食品などの生産方法についての基準を定め、この基準を満たすものだけを「有機」と表示できるようにしたもので、農林水産省の登録認定機関が認証する。認証された有機食品には、有機JASマークが付けられる。 制度の背景には、表示の規制がないまま「有機」とうたわれた商品が数多く流通し、消費者の商品選択に支障が生じるようになっていたことがある。1992年にはガイドラインが制定されたが、罰則規定もなく限界があったことから、99年のJAS法改正により認証制度が導入されることになった。まず、2000年に有機農産物と有機加工食品のJAS規格が定められ、05年には、新たに有機畜産物と有機飼料のJAS規格が制定された。これらのJAS規格は、グローバルスタンダードであるコーデックス委員会のガイドラインに準拠している。 有機農産物のJAS規格は、使用する圃場(ほじょう)や種苗のほか、肥培管理や有害動植物の防除、収穫後の選別・貯蔵・包装など様々な工程の管理に関して基準を定めている。遺伝子組み換えの種苗を使わないこと、堆肥(たいひ)などによる土づくりを行い、播種・植え付け前2年(多年生作物の場合は3年)以上と栽培期間中に原則として化学肥料や農薬を使用しないことなどが、主な基準となっている。
 
 

レインフォレスト・アライアンス(RA)認定

レインフォレスト・アライアンス認証農園と森林地では、野生生物と生態系は保護され、労働者は適正な給与、家屋と医療を受け、子供たちは教育を受けることができます。世界の企業が必要な物資の持続可能な調達を行い、サプライチェーンの破壊を最小限にし、善を行うことにより、社会的あるいは経済的な成功を得るようにします。また、観光事業の管理者や所有者が、自分の会社が観光客を魅了する天然資源を保護し、地元の人を雇用することにより、かれらの共同体の経済的繁栄に貢献するなど、より持続可能な事業体となるように訓練しています。一般的に、オーガニックとか有機農作物といわれる商品に証明書をつける団体で、オーガニック商品の中で最高級の格付け(証明書)といえる。
 
 

OCIA(Organic Crop Improvement Association)

OCIAは、歴史のある信用度の高い世界有数の有機証明書発行機関です。OCIAは世界最高品質のオーガニックの証明書を発行しており、グローバルに有機市場を管理しています。

つまりOCIAで認証された商品は、消費者に安心と信頼を与え、同時に生産者の日々のクオリティー管理につながっている。

OCIAは有機証明自体が農業の、そして商品のスタンダード(基準)になることを目指して活動を続けている。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

  
ホームへ戻る
カテゴリーから探す
グループから探す
ショップについて
お問い合わせ
アカウント