FLATWHITE COFFEE FACTORY  | 東北発!スペシャルティコーヒー販売のインディーズロースター
HOMEABOUT FLAT WHITEONLINE SHOPBLOG
FLATWHITE COFFEE FACTORY From New Zealand

ブランド


おすすめ商品


人気の商品

ABOUT FLAT WHITE


カートの中身


Blog

現在新規HPを作成中〜 もう暫くは手作り感のあるこのHPで更新継続して行きます。乞うご期待!!


お問い合わせ


商品検索




メルマガ


商品情報配信

What's FlatWhite?

フラットホワイト


フラットホワイト



フラットホワイト?って聞きなれない言葉でしょうが、これは南半球、そうオーストラリアとニュージーランドでは最もポピュラーなエスプレッソドリンク;コーヒーなのです。
地元のCafeに行けば必ず“フラットホワイト”を注文する声を聞くことでしょう。

それはどんな飲み物なのか?イメージは、ラテのスモールサイズ。でもミルクが違う!

そう、"ミルクのスチーム"が違うのです。

でも、バリスタの技術によってここニュージーランドではフラットホワイト、カプチーノ、ラテのミルクが作り分けされているのです。特にクリーミーなフラットホワイトのミルクのスティームはベルジャグが一番です。僕の愛用品です。


フラットホワイト


フラットホワイト

フラットホワイト


カプチーノはご承知の通り、泡がたくさん(フラッフィー)なドリンクで、エスブレッソ1/3、スチームミルク1/3、そしてフロッフ(泡)ミルク1/3で構成され他のドリンクよりもエスプレッソの味が強い。

ラテはイタリア語で“牛乳”、そうミルクたっぷりのドリンクです。ですから、エスプレッソ1/3、スチームミルク2.5/3、そしてクリーミーにフォームされたフロッフ(泡;カプチーノとは異なる)0.5/3で出来上がり。


問題は“フラットホワイト”。これは、ラテよりも“キメ”の細かい泡をスティーマーで丹念に作り上げ、それをエスプレッソに絡めるようにクリーミーなベルベットタッチのミルク(これは牛乳とはいえない、まさにクリーム)を入れて仕上げる。
表示は難しいがエスプレッソ1/3、クリーミーなスチームミルク2/3が妥当だと思う。

ニュージーランドと言えば、やはり“酪農”。そうなんです!
大自然の中で育まれた豊かな牛乳とベストマッチのコーヒーがそこで生まれたのです。フラットホワイトはニュージーランドの“国民的ドリンク”のひとつなのです。
フラットホワイトはその名の通り、表面が“平らで白い!”ものとして、語源的には“ミルクの入ったコーヒー”から進化して、今やバリスタの努力の賜物で“極限までミルクのクリーミーさ(キメの細かさ)にこだわった極上の庶民派ドリンク”となったのです。海外に行くと、コーヒーは「ブラック」か「ホワイト」(ミルク入り)か?(black or white?)と注文の時に聞かれます。その”進化”した形としてフラットホワイトが生まれた!という説があります。つまりNZで95年頃からエスプレッソ文化が生まれ、その過渡期の中でカプチーノは伝統的な名前ではありましたが、ラテというのはシアトル系の名付けた(アメリカンカフェ用語、フランスではカフェ・オーレですからね。もちろんイタリアはカフェ・ラテです。)名前ですから、当時のNZには存在していなかった。そこで「ホワイト」を単なるミルクではなく、スティームした滑らかなミルクを注いで作った”エスプレッソ”を正しく「フラットホワイト」と呼んだ!!そんな話をKIWIの先輩バリスタから聞いた事がある。きっとこれが正しい語源だと僕は信じています。(笑)

ニュージーランドのCafe


こちらでCafeというのは、“ランチまたはディナーも食べられるコーヒー屋さん”なのです。
つまり、食事は見逃してはいけない。もちろんスイーツ(デザート)も旨いコーヒーと。

Cafeと呼ばれる店には、必ず“シェフ”がいて毎朝手作りのマフィンやらキッシュ等をお店のキッチンで作ることから始め、定番のサンドウィッチ、パニーニ、ベーグルを始め、“ブラックボード(黒板)”などに書かれた“Today's Special (本日のおすすめ)”や”Soup of the day(本日のスープ)"は最高の楽しみの一つ。

朝の6時半頃Cafeの前を通ると、キッチンからマフィンを焼くあのいいにおいがついつい朝のCafeに導く。もちろん、コーヒーの香りのダブルパンチはたまらない。

KIWI(ニュージーランド人;キウィー)にとっての朝ごはんは、やはりマフィン。
フラットホワイトとマフィンの絶妙な朝食。他にもトーストベーグル&クリームチーズ(+自家製ジャム)エッグベネディクト(ポーチドエッグにホランダー;マヨネーズに似たソースをかけたもの)、フレンチトースト等がメジャーな朝食。

ランチ。ステーキ類やもちろんサンドウィッチ(ボリュームのあるオープンサンド)、そしてパスタや本日のおすすめ(肉や魚のメイン料理)など。
天気のいい日は店内はよりも皆外に出たがる、そうオープンテラスでお洒落に!!外で食べるのは特別ではなく日常。店内よりもテラスの方がいつも混んでます。

夜はディナーを出す店も多い。もちろん、ランチとは一味違う“ボリューム系”のメニュー。
メインは肉や魚、ベジタリアンの為の野菜メイン料理も用意されていていわゆる”レストラン”なのだがよりカジュアルでフュージョンな料理が多い。

これも、移民の多いニュージーランドならではの“多国籍文化”の賜物だろう。
つまり、CafeはKIWI達の生活そのもの、ライフスタイルそのもの。

そこで常に主役かつ脇役を演じるのがフラットホワイトに代表されるKIWIコーヒーなのです。

★フラットホワイトの作り方

  1. エスプレッソを入れる。同時にスティーマーでミルクをキメを細かく泡立てる。
    * ワンポイント!
    テクニックとしては、ミルクの表面を小まめに探り、シューっという音(高音ではなく)を立てて、ミルクの表面がトルネード状になっていくのを確認してじっくり温める。滑らかなスティームミルクを作る事!
    ミルクの温度は高くても75℃くらいまで。熱しすぎるとミルクは焼けてしまうので(臭いミルク臭)ご注意を!
    これこそ、フラットホワイトの最重要ポイント。クリーミーなスティームミルクにならねばフラットホワイトにはならない。

  2. クレマのしっかりしたエスプレッソにクリーミーなスティームミルクをナイフまたはスプーンを使って、クレマを廻すように流し込む。
    * ワンポイント!
    テクニックとして、ミルクジャグのふちをナイフやスプーンで押さえて液上のミルクから流し込みクレマを廻す。これが独特のフラットホワイトのデザインとなり、途中からクリーム状のミルクをやはり動きをつけながら注ぐ。意識の中でエスプレッソ+クリーミーなミルクという’原則“をお忘れなく。液状ミルクが多すぎたら、それは”ラテ“に近い物になってしまうので要注意。

  3. 表面がまさに”フラット“になるまでミルクを注いだら出来上がり!
    * ワンポイント!
    デザインについてですが、(2)のエスプレッソの上にチョコレートパウダーを少しまんべんなく振っておくと、ミルクを注いだ時に”動き“が出やすく簡単にデザインを作れますので是非試してみてください!